シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

夫婦でランチ 1

ムスメが幼稚園に行きだしてから、
子供なしで平日ランチを
楽しめるようになりました。

せっかくのチャンスなので、
可能なら月1回程度、夫と、
ムスメと行くにはいろんな意味で
難易度の高いお店で
ランチをしようということに。

夫の勤務先は、
やることさえやっていれば、
あとはけっこうテキトーなので、
ランチタイムを多めに取ってもOKなのです。

で、もう昨年のことですが、その栄えある第一弾目は…

四川豆花飯荘
web

を選んでみました!
これはもう、子連れ難易度高いです。なんていっても四川料理だし!
(と思いましたが、メニューには広東料理や飲茶もありました…)

いやいや、でもね、大人だけで、
ひーひー言いながら
麻婆豆腐を思う存分喰らってみたかったんです。

こちらのレストラン、東京の新丸ビルにもありますね。
私達は、夫の職場から一番近いUOB Plazaの60階に行きました。

オーダーしたのはこちら〜

f:id:nyorokosg:20160217011356j:plain重慶口水鶏、わたしの大好物、よだれ鶏ですー!
これ、辛かった!でも、下に溜まっているドロリとしたソースに
旨味と甘みがあって箸が進みます。

 f:id:nyorokosg:20160217011820j:plainインゲンの炒め物と、本日のメイン、麻婆豆腐

インゲンはしゃきっりさを残して炒めてあり、火入れがさすがの中華料理です。
辛くないので箸&口休めになりました。

そして麻婆豆腐。
辛い…辛い…からいー!
前菜のよだれ鶏ですでに舌が麻痺しているのに、
麻婆豆腐の麻と辣が追い打ちをかけます。
あ、でも、麻のほうは思ったより弱い気もしました。

正直なところ、最初は、
この麻婆豆腐、辛すぎて食べきれないかも…と思いました。
それなのにアラ不思議、最初は舌がただただ痛いだけなのに、
食べるほどに、だんだん旨味がわかってくるんです。
舌が辛さに慣れるのでしょうか…。

そして、さらにこんなものまで。

f:id:nyorokosg:20160217012747j:plain何をとち狂ったのか、坦々麺まで…。
これも辛いです。はい。お腹いっぱい、でもツルりとお腹に収まっちゃう。

デザートはやっぱりコレ。

f:id:nyorokosg:20160217013256j:plain豆花です。店の名前にもなっているぐらいですからね。
しびれた舌に優しくて美味しかったです。
でも、ちょっと普通の豆腐っぽすぎるというか…
アタシは台湾で食べる、デザートっぽい豆花のほうがスキかも。

麻婆豆腐、鈍臭そうな見かけに寄らず、
店によってけっこう味が違いますよね。
こちらのものも、もちろん美味しかったですが、
貧しい経験値ながら、ワタシのナンバーワンは今のところ、
陳健一の麻婆豆腐です。立川グランデュオの。ぷぷぷ。

赤坂四川飯店には行ったことがないのですが、
マンダリンオーチャードの四川飯店なら、ひょっとして、
同じ系列の麻婆豆腐が食べられるかしら…。
陳健太郎って陳健一の息子でしたよね?
一度行ってみなくちゃ。