読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

夫の誕生日

夫が4×歳になったお祝いに、
ちょっと奮発して肉を喰らってきました。

夫の希望で肉食がいいということになり、
行ってみたい焼肉屋はディナーのみの営業だったので、
今回は、こちらも以前から非常に気になっていたステーキ店を
選んでみましたよ。行ったのは、フィレンツェ風のステーキ専門店。

Bistecca Tuscan Steakhouse
web

ムスメとちょっと良いレストランに行く時は、可能ならば、
HPでメニュー研究をしてから出かけることにしています。
最近でこそ少し待てるようになりましたが、
それでも、ムスメがそばにいる状態で、
英語のメニューをじっくり解読する余裕などありませぬー。

というわけで、今回もそのようにして行ったのですが、
HPにあったお目当てのDaily Set Lunch Menuはなく(日曜日です)、
メインメニューからのオーダーになりました。

まあ、アラカルトとも迷っていたので、セットランチがなくても、
不都合はなかったのですが。

私の食べたものはこちら。
(最近は少し、写真を取る余裕がでてきました)

f:id:nyorokosg:20151213173907j:plainPolipo タコのパンロースト
皿の向きが変ですみません。でも、こうやってサーブされたので…。
わずかに辛みのあるパプリカパウダーと、レモンの酸味がアクセント。
美味しかったです。来る「肉」のために、前菜は夫とシェアです。

f:id:nyorokosg:20151213174017j:plainFiletto 
Signature Wagyu F1 Tenderloin 200g
Grass Fedのアンガス牛も気になったのですが300gという量に、
若干不安があったので、こちらにしました。

肝心のお肉ですが…
いやーーー美味しかったですよ!!!!
外がカリッと焼けて、欧州に多い脂少なめの赤肉よりは脂多め
(豪州産和牛だしね)、でも、日本の牛肉ほどではない。
とろけるような霜降りがあまり好きではないワタシの好みど真ん中。
炭の香ばしい香りとお肉のおいしさ、少々の塩味でもう充分美味でした。
半分ぐらいまでは、ね。

冷めてくるとやっぱり単調になるので、無料でついてきたソースを
いろいろ試し、ディジョンマスタードで残り半分を楽しみました。

夫は、Grass Fed Angusの45-days dry-aged boneless rib-eye 300gを。
こちらもなかなか美味しかった。赤肉タイプで肉の旨味があり、
私はこちらのほうがより好みですー。
脂人間の夫は、私のwagyuのほうが好きだったようですが。

と、ここまで褒めちぎってアレですが、bistecca alla fiorentinaといえば…

その昔某国の語学学校でクラスメイトだったフィレンツェ出身の女性が、
フィレンツェの名物料理は?という問いに、まさに、
bistecca alla fiorentinaだと答えていました。巨大なt-boneステーキで、
塩と少々のオリーブオイルだけで食べる、と。

だから、たとえ肉が伊産のキアナ牛ではなく、豪州産Wagyuであっても、
やはりこのお店では、1.1kgのT-boneステーキを食べるべきでは…と思うのです。
いや、自分が食べたいだけなのですが。

夫に、「今度は平日昼にふたりで来て、T-bone食べよう!!」と言ったら、
「いや、そんなに気軽にはT-boneは食べられません…」と、
釘をぐっさりと刺されました。
確かに、今回の外食は、T-boneを食べずとも、
シンガポール滞在1年で一番お高くつきました…。

まあ、量も多いので、4人ぐらいでシェアして食べるのがいいですね。
ワタシと一緒に肉祭りしてもいいよ!という方、連絡くださーい!

さて、気を取り直してデザート。

f:id:nyorokosg:20151213174054j:plainSemifreddo
緑の部分はピスタチオ味のサクサク(ってなんて言うのでしょうか)。
わたし、セミフレッドとかヌガーグラッセとか、大好きなんです。
メニューにあったら絶対頼んじゃう。こちらのセミフレッドも大満足でした。

さて、ムスメさんですが、オーダーより先に出てきた山盛りのパンを、
結局ほとんど食べてしまいました。まさかあれを全部食べてしまうとは…。
確かに、ちょっと塩気があって、温かくてふわっとカリッと、美味しかったけど。
それ以外に、持参したミニおにぎり2個、ムスメのためにオーダーした
tuscan fries(ガーリック抜き)も少々食べ、私のデザートのフルーツもつまみ、
もうメタボどころではない騒ぎの太鼓腹になっていました。

ムスメの食後は、持参したタブレットで動画を見てもらい、
正味2時間弱、騒ぐこともなく、私達の食事につきあってくれました。
ムスメに感謝です。

…と、ここでまたちょっと。
1歳半ぐらいから、レストランに行く時は、必ずタブレットを用意し、
ムスメが早く食べ終わってしまった時には、動画を見せることにしています。
もちろん、食事中には見せませんし、見せている時間も長くて15-20分程度です。
でも、やはり若干の罪悪感を覚えます。
こういう時間の潰し方をさせていいのかなあと。

お絵描きなんかで遊べるようになるには、まだ少し時間がかかりますし、
テーブルに落書きなどされても困るので、まだもっぱらタブレット頼り。

親の都合にどこまで子供をつきあわせるか、
判断と加減が難しいところですね。

同じぐらいのお子さんをお持ちのみなさんはどうなさっていますか。
よいアイディアがあったら教えてください!