読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

1歳7ヶ月

ムスメが1歳7ヶ月になりました。
と同時に、ずっと延期になっていた1歳6ヶ月健診にも行ってきました。

1歳6ヶ月健診は何をするのかと調べて見ると、積み木を積んだり、
絵を見せて、ワンワンいるかな〜などと質問されたりするらしいのですが、
そういうの、一切ありませんでした!一応日系クリニックですが。

問診表をみつつ、言葉は2、3つ出てますか、手先はしっかり動きますか、
などと2、3質問されたあと、お医者さんは、部屋を自由に動き回るムスメを見て、
「うん、しっかり歩いているね、ヨシヨシ」と。
あとは、大泉門、歯、股関節、聴診器チェック…この程度だったかな。

特筆すべきは、「テレビはなるべく見せないでね」と言われたこと。
テレビはダメですか?と質問仕返すと、

「ダメではないけれど、米国小児学会では、2歳以下の子供にはタブレット等を
含めて、プログラムの内容に関わらず、テレビはゼロにしましょうという勧告が
出ているぐらいだからね…と。
まあ、料理中とかね、朝晩30分ぐらいづつは仕方ないかもしれないけどね」ですって。

テレビ、モリモリ見せてますー!!!
ハハが不甲斐ないためママ友もおらず、
親以外の日本語にほとんど接することがないからと、ま、いいかーなんて。
朝40分、夕方も45分を心がけているものの、ぐずりが酷いと1時間ぐらい…汗
今のところ、Eテレとしまじろうしか見せていませんが…やっぱり反省反省。

体重 12kg
身長 81cm(身長伸びましたねー)

頭囲と胸囲も測りましたが、あてにならないので気にしない〜。
ちなみに、両親に似て頭デカ、ハハに似ておデブちゃんです。
ムスメよ…すまぬ…。

さて、特に言語面の成長著しいムスメさん。
えっ、そんな単語教えたっけ?と思うようなものまで、
いつの間にか覚えていて、しょっちゅう驚かされます。
この世に出てきて人間はどうやって言葉を習得していくのか、
どんな過程を経るのか、毎日24時間付ききりでお世話しても、
謎は謎のままですね。

そうそう、スプーンが使えるようになりました。
しばらく前から、使ってはポイ使ってはポイで、根気のない子ね…などと
思っていたのですが、いつの間にか使えるようになってました。

ほら、ここでも「いつの間にか」です。
私はどれだけたくさんの「過程」を見落としているんでしょうねえ。
そんなものは見られないのが普通なのかもしれませんが…。

つぶやきばかりですみません。

スプーンが使えるようになって、すくって食べるのが楽しいからなのか、
絶対拒否だった「野菜そのもの」を食べるようになりました。
今はまだ、味噌汁の具、限定ですが大進歩です。

ムスメを見ていると、語彙が爆発的に増えたことで(今たぶん100近くあります)、
いろんなアレやコレがつながって、周囲の人とのコミュニケーションも
少しづつ取れるようになって、すごく楽しいのだろうなというのが、
手に取るようにわかります。言葉を獲得することは、まず第一段階として、
好奇心や可能性の幅をぐっと広げるための、大切な道具を手に入れる
ことなのかもと、ハハはよくわけもわからず、そう考えたりしています。

f:id:nyorokosg:20150808005809j:plain

いつだって突然変わるムスメ。
あれだけ大好きだったプール遊び、突然「イヤ」と言うように。
なんで??なぜなのー!
しっかり水に浸かって、夜はさっさとぐっすり寝てほしいのに…。

腹黒いチチハハの魂胆が、やはりわかってしまったのでしょうか。