読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

萬陽でほぐされる

私は元々肩や背中、首の凝りがひどく、
妊娠出産前は、ヨガをやったり鍼灸院に通ったりしていましたが、
妊娠を機にヨガは安産目的のストレッチになり、
鍼灸院の先生には出産までお世話になりましたが、
産後はなかなかひとりの時間がとれず、あまり通えませんでした。

そして渡星後。
ヨガなんてもちろんする時間も心の余裕もなく(怠け者なだけですが)、
オーチャード界隈の某有名指圧整体院には1度行きましたが、
我が家からは遠いので、気軽に行く場所ではなく…

ローカルの治療院でも鍼はお願いできるのでしょうけれど、
日本の鍼と違って、中国系の鍼は太くて痛い(すごく響く)ときいているので、
ちょっと、いえ、かなりコワイ…

そんなこんなでシンガポール入りしてから数ヶ月、
11kgにもなるのにまだ歩かないムスメを毎日抱っこし続け、
私の首と背中の緊張は最高潮に達し、もー辛抱ならんということで、
ご近所のマッサージ屋に飛び込んでしまいました。
(前置きが長くてすみません)

ご近所マッサージ屋、実は以前から目を付けていました。
島内に数店舗あるらしく、徒歩5分の所にあるParkway Paradeに1店舗、
同じく5分のI12 Katongにも1店舗あり、私は後者に行ってきました。

萬陽 Wan Yang

メニューはフットリフレクソロジーと肩&背中の2種のみ。
シンプルで潔いですね。

肩&背中のマッサージ、ベッドに寝るタイプではなく、
日本のクイックマッサージ店で見かけるような、
前向きになって椅子に腰掛けるものでした。
これ、お手軽で私は好きです。

飛び込みで行った私を担当してくれたのは、年配のおじさんでしたが、
強すぎず弱すぎず、私好みのマッサージでした。
おじさん、私の肩を触って、あらーこれは硬いネー硬いネーと何度も言い、
抱っこで疲れ切った腕をゴリゴリとほぐしてくれ、
20分でしたが、終る頃には、また来ちゃおうかしらなんて思っていたら…

肩と共に緩んだわたしの心をすかさずピピピっとキャッチ、
会計時に、なにやらお得な回数券システムがあると、
熱心に、受付のお姉さんが勧めてくるのです。

私は、結婚十数年連れ添った夫を、今でも毎回驚かせるほどの数字音痴なので、
細かいことはよくわからないのですが、とりあえず頑張って計算してみたところ、
1回20分で40ドルが、12回分の回数券を買うと、1回30ドルになる計算だったので、
まあいいかとつい購入してしまいました。

帰宅後、夫に、損してないよね?と一応確認してみたところ(情けなや…)
1回あたりの額は損はしてないだろうけど、そもそも12回も行くの?と、
根本的な問いを投げかけられてしまいました。

いや、もちろん行く気ですよ!行かせていただきますよ!
毎週いっちゃうもんね。3ヶ月で使い終わっちゃうもんね。
それに、これ、家族でも友達でも使えるので、
夫も使えば一石二鳥とはこのこと…たぶん。

本当は、ストレッチをしたりヨガをしたり、食生活やら生活習慣を変えたりなど、
根本からの対策が必要なのでしょうけれど、ほんと、そんな余裕なくて(言い訳)。

でも…ヨガ、また始めようかなと思える出来事があったのです。
萬陽さんのマッサージとは関係なく。
その話はまた次回に〜。