読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

ソファが来た

オーダーしていたソファがやっと来ました。ウレシー!

我が家はIKEAの革張りソファを11年使い倒したので(だって、革も本体も
全然へたらないんだもの)、今回はNO MORE IKEAと決めていました。

家具屋探しに使ったのは以下の方法です。
1 ネットで直に検索
2 諸先輩方のブログを参考
3 駐在員向け雑誌を参考

1は”singapore furniture shop"とか、なにかその周辺の単語を入れて検索しました。
家具屋のリストや紹介をするブログがたくさんヒットしました。

2は省略しまーす。

3はExpat Living Singaporeという雑誌。 一時滞在先は、定期的にこの雑誌を無料で
配布してくれたので、ぱらぱらめくって参考にしてみました。ホームページ
あります。まあ、庶民の私には現実味のない豪華でステキなお家&生活の
紹介ばかりだったり、アジアの人は絶対買わないよね、というような謎の仏像の頭
とか置いてそうなショップもリストにあったりと、まあその辺はご愛嬌。

さて、どこで買ったかというと、結局のところ、最初に訪れたドービーゴートに
にあるPark Mall(ここには家具屋がたくさん入っています)の中にある
ソファ専門店です。1階にあるThe Leather Galleryというお店。
ちなみに、2階にあるThe V Furnitureというお店も、経営は同じようです。

このお店はどちらもソファ専門店で、マレーシアのメーカーだそうです。
長年、様々なブランドのOEMやホテルなどのオーダー家具を手がけて来て、
満を持して自社ブランドを立ち上げたそうですよ。

ソファのオーダーですが、ミニマムサイズという規定はあるものの、
横幅や奥行きの細かいオーダーができるようです。また、表材は数多くある
ファブリックや革から選ぶことができ、私たちがオーダーしたソファには、
四角いクッションが2つと細長いクッション、それに、肘かけの部分にかける
リモコン入れまでついてきました。こちらもそれぞれ表材が選べましたよ。

納期は1.5ヶ月ほど。しかも、話の流れで、当分ソファなしの生活だと
話したら、無料でソファを貸してくれました。なんて太っ腹。

表材についてですが、長く革張りのソファを使っていたため、
当初は革にするつもりでした。しかし、家具屋を巡っていて気がついたことが
ありました。それは、欧州からの輸入物などではなく、
ローカル(デザインおよび製造が地元あるいは周辺諸国)のソファは、
布製が圧倒的に多いこと。それってつまり、この気候風土には、自宅で洗ったり
ドライクリーニングできたりする布製のほうが合っているということなのでは?
と思い、今回は布製にしてみました。

ソファのタイプですが、今シンガポールでは、L字型が流行っているのでしょうか。
どこへ行ってもL字ばかり。オーダーしたソファも展示品はL字だったのですが、
オットマンに変えられるかきいてみたところ、OKという返事。すばらしい!!
というわけで、3シーターにオットマンという造りになりました。

デザインは、もう少し重厚感のあるタイプが好みなのですが、
そういうのって、チビ夫婦の私たちが座ると裸足では足がつかない…。
座って足がつくって、些細にみえて結構重要なポイントだと思いませんか。
それに、またいつどこに転居するかわからないのですが、転居先でも
使う可能性を考え、大きすぎるものはNGとなりました。
スリムな造りで、若い人向けな感じが若干寂しいですが、
これもしばらくすれば愛着が湧いてくるはずです。きっとたぶん。

できあがったソファはこれ。

f:id:nyorokosg:20150415234309j:plain


私の昼寝する場所がやっとできました!