シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

1歳3ヶ月

日本からこちらへ戻る日に、ムスメは満1歳3ヶ月になりました。

体重:ずっと横ばいでしたが、500g増えて10.9kgに。
日本滞在時から急に重くなったなあと思っていましたがやはり。

身長:不明。でも、この1ヶ月でぐっと伸びたような気がします。
え?横に伸びただけ?うーむ。

この1ヶ月の成長も目まぐるしく、もう何を書いていいかわからないぐらいです。
日本滞在が良い刺激になったのでしょうか。
それとも、シンガポールにいても同じで、単にそういう時期なのでしょうか。

今日などは、新しい絵本にあったキリンの絵を見て指差し、「きいん」と言った後、
本棚から別の本(うさこちゃんとどうぶつえん)を出して、
キリンのページを開いて私に見せてくれ、正直、驚愕しました。

この、うさこちゃんとどうぶつえん、今までムスメは、それほど気に入った
そぶりを見せたことはなく、読んだ頻度もそれほど高くはなかったのに、
ちゃんと覚えていたんですねえ。

毎日の変化が目まぐるしくて詳細まで覚えていませんが、
こんな風に、それほど執着した様子のないものをよく覚えていて…という
ケースがしばしばあります。まるで宇宙人を相手にしている気分だった
読み聞かせや語り掛け。あの頃のアレは無駄ではなかったのですねえ。

そして、そろそろムスメの保育園をどうするかと、夫と相談中です。
ムスメは一人っ子、私も未だママ友なしで、日中は母子ふたりきりです。
年齢的には、絵本やDVD、ママとの濃密な時間で充分かもしれませんが、
そろそろ、他の子供がいる環境に置いてあげたいとも思います。
外出しても、子供がいると興味津々のムスメ、きっとよい刺激になるでしょう。

手放すといっても、ハーフデイなら1日3時間ちょっとの保育なので、
それほどムスメの負担にはならないのではとも思っています。
反面、あまり早い時期に外国語の環境に置いてしまうリスクも
気になります。しかもこちらの園の多くは、英語と中国語の2言語環境ですし。

シンガポールの保育/幼稚園は多種多様なので、まずは、
どういう園で過ごさせたいか、そこから決めなくてはなりませんね。