シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

日系な日

新居に移ってから初の予防接種(ムスメの)に行きました。

新居は以前のかかりつけから遠く離れてしまったので、
ラッフルズホスピタルにある日系クリニックに変えることに。

日本でのかかりつけの先生も、パラゴン上の先生も男性で、
お医者さんの前に座っただけでプギャーッと大泣きするムスメでしたが、
ラッフルズの先生は女医さんで、注射のとき以外泣きませんでした。
男女の区別ってわかっているのでしょうか。不思議。

これからの予防接種のスケジュールを相談し、
発熱をしたときの対処の仕方なども教えていただき、
注射をチクっと2本でムスメは大泣きしましたが、終ったらケロリ。
ご機嫌でベビーカーに乗り、病院を後にしました。

さて、頑張ったムスメに、ランチは愛してやまないパンをと思い、
ブーランジェリー浅野屋へ向かいました。
なんてね。実は自分も浅野屋に行ってみたかっただけです。はい。

さて、この日のランチ、私はランチセットを試してみました。

f:id:nyorokosg:20150410224353j:plain

セットは確か12.5ドル(うろ覚え…役に立たないブログです)で、
本日のスープ、サンドまたはキッシュ、ドリンクをそれぞれ数種の
リストから選ぶことができました。

私が選んだのは、ミネストローネにフィッシュサンド。
タルタルソースがフレッシュで美味しかった!
えっ?魚? うん、悪くなかったです。
パンはすごく美味しいと思うんだけど、温めすぎでカリカリだったのが残念。
カットしたそのままでもいいと思うなあ。

ムスメには、ロールパンとスライスしてあるオレンジブリオッシュを。
パン!パン!と言いながら、大きめのロールパン2個にブリオッシュ1切れ、
あっという間に完食でニコニコご機嫌でした。
しかし、取り分けたミネストローネには見向きもせず。
母と同様、炭水化物ラバーなムスメの行く末が心配です。
おデブ街道まっしぐら…。

帰りにもしっかりパンを買って帰りましたよ。
こちらが戦利品。

f:id:nyorokosg:20150410230058j:plain


桜のパン(名前失念…やはり役立たずブログ)、
カレーパンにパンオショコラ、ムスメ用に角食も買いました。
桜のパンは季節限定品でしょうね。桜の塩漬けが入っていてふんわりいい香り、
中はもっちりで外皮は香ばしく、非常に美味でした。

ところで浅野屋。
近年拡大路線まっしぐらですね。
いつの間にか自由が丘にできたなあと思っていたら、
軽井沢のバイパス沿いになにやらモダンなお店がオープン、美術館まで併設…
へえなんて思っていたら、上野駅構内にもあって驚き。
他にもあちこちにあるみたいです。
四谷三丁目にお店があったのはいつ頃までだったのか、記憶の彼方です。

浅野屋@シンガポール、明るく開放的で、子連れにも使いやすいので、
再訪したいです。次回も予防接種の後かしら。

 

※ベビーカーの方は注意。
入るときには正面右手のスロープが使えますが、なんとそのドアから外へは
出られません!ムスメが乗ったベビーカーを担いで階段を降りるハメになりました。

4/12追記
昨日、成り行き上また浅野屋に寄ったのですが、お店の人にお願いしたら、
カードキーでスロープに出るドアを開けてくれました。