シンガポール その日暮らし

夫と娘とシンガポールに引っ越してきました。

お米の国の人だから

久しぶりのお米の甘さに柔らかさに、感涙にむせんでおります。
みなさんこんにちは。

何事かとお思いの方もおられると思います。
私、遂にやりました!炊飯器を買ったのです。
今滞在中のサービスアパートには、一応炊飯器が常備されていました。
過去に数カ国でサービスアパートに滞在した経験がありますが、
炊飯器があったのはここだけです。さすが、東南アジアですね。

しかし残念な事に、お釜がペラッペラのアレだったのです。
本当に炊くだけのシンプル機能。あ、一応保温機能ぐらいはありますが。
とにかくこのペラ釜タイプでは、1時間吸水しても、炊きあがった米は固く、
おこげが大量に発生します。明治屋で大枚はたいて日本米を買っても意味がないのです。

ましてや、我が家には離乳食完了期の幼児がいますから、
固い米などを毎日食べさせるわけにはいきません。
日本人としての味覚形成という観点からも大問題です(大袈裟)。

前置きは長くなりましたが、そんなわけで、
固い米に我慢がならなくなった昨日、財布、もといクレジットカードを握りしめ、
Ngee Ann Cityは高島屋へ走ったわけです。 

f:id:nyorokosg:20150110232845j:plain

左がアパート備え付けのペラ釜タイプ、
右は購入したもの、三層構造釜タイプ、TIGERロゴがまぶしいです。
いかにもデキそうなヤツ。PHILIPS君の素朴さも捨て難いですけどね。

三層構造の間にもう一枚、銅板が入った四層構造というモデルもあり、
大変に心惹かれたのですが、値段が倍でひるみました。
いつまでシンガポールにいるかわからないしな…という苦しい言い訳をしつつ、
三層釜に決めました。

結果は…冒頭に書いた通り、三層で充分でした!
TIGER君を設置した翌朝、PHILIPS君は、お掃除の人によってどこかへ片付けられてしまいました。短い間だったけどお世話になりました。
あとは美味しいお刺身でもあればなあ…サーモンなら買えるかな…。